ブログネタ
ライブドア(livedoor)関連ニュース に参加中!
弥生・飼沼社長、「『ライブドア事件』で、弥生に対する信頼を実感」(Enterprise Watch)

弥生の新社長飼沼氏のインタビュー記事が載ってました。
正直言ってあまり知らない人でしたので、この記事でどんな人物かわかってよかった。


弥生株式会社の社長であった平松氏は、ライブドアの経営に集中するため、副社長の飼沼氏を弥生社長に昇任させました。そして自らは会長に。

で、記事の内容は、ライブドアショック後でも弥生の実績は落ちなかった。逆にシェア上がった、顧客からのお叱りの電話は1,2本程度だった、2008年までに売り上げ100億目指す・・・そんな感じです。


気になった部分ピックアップ。

飼沼氏  平松と一緒に仕事をするのは弥生が3社目になります。今回も平松から声がかかって、2003年に弥生に入社しました。

まさに右腕って感じですね。

会長と社長との役割分担は
飼沼氏
 弥生の前に平松と一緒に働いていた時からですが、平松はフロントで、私は黒子です。

黒子ですか。しんどい役どころでしょう。。

飼沼氏
 要するに平松が決めた方向を具現化するのが私の仕事でした

堀江さんと宮内さんの関係のようですね。
堀江さんが方向性を決め(あるいは厳しい数字を指示し、、)、宮内さんが何とかそれを達成しようとする。ライブドアの金正日と呼ばれるほどの剛腕で・・・。


3社も付き合っていたのなら、数々の修羅場もあったことでしょう。
平松氏と飼沼氏はまさに戦友!(私の頭の中では数々の妄想がかけめぐってますw)

平松さんも、こんな便りになる相棒がいたからこそ、あれだけの実績を残せたのですね。


記事はかなり好意的です。
こういう記事見ると、ほんと、堀江社長時代に弥生を買収してくれていてよかった、そう思います。
ライブドア再上場より、弥生単体での上場のほうが早かったりして。

ライブドアグループの中核の一つとして弥生がドンと構えていてくれるのは心強い。