ブログネタ
ライブドア(livedoor)関連ニュース に参加中!
ブロガーの力で書籍のヒットを生み出す「本が好き!」プロジェクトが本格スタート(プレスリリース)

本が好き!」が本日から本格スタートみたいです。先日コメント欄で教えてもらってからちょくちょくチェックしてたけど、正直ピンとこないなぁ? て感じでした。でも詳細がわかって納得です。
出版社から提供された本の書評を登録ユーザーが書く。そういうサービス。
内容読んでると結構硬派。
誰でも書評を書くことに参加できるわけじゃなくいろんな条件があります。

新潮社
講談社
マガジンハウス
ソフトバンク クリエイティブ
アスキー
トランスワールドジャパン
マザーパブリッシング(幻冬舎:取り扱い書籍)
竹書房

参加してる出版社は8社。本格展開していく今後はさらに増やしていくとのこと。

口コミで質の高い本が売れたら出版社も嬉しく、その本をlivedoorブックスで買ってくれる人がいればライブドアも嬉しい。そういう感じでしょうか。


アマゾンの個人レビューはすごい人気あって私も参考にしてたりしますが、あれは誰でも、どんな本にでもレビュー書ける。
一方、「本が好き!」は、ある程度厳選されたユーザーが、「出版社から提供された本」の中から本選んでレビューを書く。


はっきり言えば地味なサービスなんだけど、レビュー書きたい人には私はいいサービスと思う。(書きたい本の選択肢が狭いのはきつい感じだけど。でもさらに数増えるから何とかなるでしょう?)

アマゾンと比べて有利な部分は、SNSやブログに書いたレビューへのリンクもつくということ。例えば、いつもmixiに本の感想書いてる人はそのままそれを使える。

アマゾンのレビューはみんな無償で書いてます。
本が好き!もお金は発生しないけど本はもらえる。自分のブログやSNSへのリンクもしてもらえる。

本が好きで好きでたまらない。一ヶ月に何冊も読んでて金欠状態。そんな人におすすめ。何冊分かのお金が浮くわけですから。
量より質、濃いサイトに育ってほしいです。


> ライブドアは本プロジェクトを通じて、歴史ある出版文化への貢献をしてまいりたいと考えています。

出版文化への貢献。この一文がよい。ほんとまじめな取り組みだと思う。
まずは信頼されることが大事。

出版社と仲良くしてれば映画の公式サイトとかいろんな話も舞い込んでくるでしょ。たぶん。